女性化乳房の自然治癒について

ホルモンバランスが戻れば治る?!

どこに科で診察を受けたらいいのか解らなかったので、始めは内科に行って胸を触診してもらったら、胸部外科に行くように言われました。
診察を受ける前に、尿と血液の検査や、胸部のレントゲンやCTの検査を受けるように言われて、2時間ぐらい掛けて検査をした後に、やっと診察室に案内されました。
待たされている時には、こんなに検査をするんだから余程重い病気なんじゃないかと不安でしたが、深刻な顔で診察室に入って行くと、胸部のレントゲン写真とPCでCT検査の結果が表示されていました。
その後念のために胸の触診検査とエコー検査も行って、深刻な診断結果がでるのか不安になっていると、思春期に多い真性女性化乳房という聞きなれない診断をされました。
私の真性女性化乳房の原因は、年齢から考えてホルモンバランスと太った体系が原因だと言われて、ホルモンバランスが戻れば自然治癒によりしこりが小さくなって行く可能性が高いと言われて、治療せずに経過観察をする事になりました。
先生に経過観察中は胸のしこりへの圧迫を避けるように言われて、特に体育の授業の時には女性用のノンワイヤーブラジャーや、スポーツブラを付ける事をすすめられました。
母親に緩めのスポーツブラを買ってきてもらって付けてみると、胸が動いたりぶつかった時の痛みが和らいで楽だったので、真性女性化乳房が治るまでの我慢だと思って毎日スポーツブラを付けて通学しました。

太るにつれて大きくなっていく胸 | ホルモンバランスが戻れば治る?! | 段々と小さくなっていって良かった